どうもこんにちは、サワです。
プログラミングの勉強をしようとすると”HTML”という言葉をよく見かけますよね。

Webページを開発する上で必ず必須となるHTML。
正式には「Hyper Text Markup Language」といいます。

基本中の基本のもので、身につけると多くのシーンで活用できるのでもしプログラミング学習を始めるなら一番最初に学ぶのが適切。

HTMLとは何か、学び方法についてもお話しするのでまずは一読してみてください!

HTMLとは?プログラミング初心者向けの3つの疑問

冒頭でも少しお話しましたが、HTMLとはWebページを作る上で基本の言語です。
このブログもHTMLを使って作成されています。

まずは3つの疑問についてみながらHTMLの概要を理解していきましょう。

  1. HTMLでどんなことができる?
  2. どのくらいで身につく?
  3. どんな仕事に活かせる?求人は?

疑問1.HTMLでどんなことができる?

HTMLはWebサイトを作る上で必ず必要です。
Webサイトを構成したり、画像の挿入、リンクを入れるのも全てHTMLを使って行います。

例えば以下の画像の通り。
テキストエディタ(sublime text 3)にコードを記述し、ブラウザにドラッグ&ドロップすると簡単にブラウザに表示することができます。

以上がHTMLの基本的な使い方。
このスキルでブログやサイト制作を作れるようになります。簡単ですよね?

インターネットで閲覧できるすべてのサイトでHTMLは使われており、他にもWebアプリやスマホアプリなどもHTMLが必要です。

疑問2.どのくらいで身につく?

HTMLの難易度はかなり低め。
基本知識なら2週間あればすぐに習得できます。

ただ、Webサイトにデザインを装飾する場合はCSSも学ぶ必要があり、HTMLとCSSは同時に学習することが多いためトータルで1ヶ月程度学習期間を設けるのが安心です。
HTMLはテキストの表示を行うもの、CSSはそのサイトにデザイン(色や形)をつけるものです。

疑問3.どんな仕事に活かせる?求人は?

HTMLのスキルがあるだけでも稼げます。
具体的には「HTMLコーダー」や「Webデザイナー」など。

求人サイトや企業からの案件で仕事をもらう形です。
例えば以下の求人サイト

Webデザイナー・HTMLコーダーの仕事で時給1200円以上。月給では21万円以上となっていますね。
普通のアルバイトよりも高めです。

さらにHTMLコーダーとして就職しながら他のプログラミング言語を身につけるとより稼げるようになります。

Webサイトやアプリを独自で全て作れるまでの技術まで身につけば、1案件5~10万円の仕事もザラにあるからです。

【結論】HTMLを学んでおくのは必須!

以上の内容からHTMLは初心者でも学びやすいものであることがお分かりいただけたかと思います。

基本中の基本なので、プログラミングを始めたいという方はまずはHTMLを学習しましょう。

とはいえ、実はHTMLはプログラミング言語ではありません。
HTMLはマークアップ言語と言われ、Webサイトにアニメーションなどつけて動的サイトを作るためにはプログラミング言語の学習も必要です。

少し難しいので端的にいうと、以下の5つのスキルがあって初めて一人でWebサイトを作れるようになります。

  1. HTML
    → Webページを作成する際にテキストやリンクを記述する最も基本的な言語
  2. CSS
    → HTMLのスタイルやデザインを指定する言語
  3. JavaScript
    → Webページに動きをつけることができる言語
  4. PHP
    → 動的な動きを記述できるWebサーバー上の言語
  5. WordPress
    → ブログやサイトの制作ができるCMS(ソフト)

これを見て学ぶことが多すぎる…と思った方もいるでしょう。
実際に私の経験上、参考書を買って独学で学ぶには想像以上にハードルが高いです。

したがって一気に短期間で学ぶなら一人のメンターを付けて教えてもらうのがベスト。
メンターとはいわゆる講師のことですね。

そこでおすすめしたいのがプログラミングスクールです。
プログラミングスクールであれば、1~2ヶ月程度で未経験からWebサイト制作までのスキルが身につき、何よりもメンターがついているので挫折しづらいのがメリット。

完全初心者であれば私も実際に利用した「CodeCamp」が良いですね。
Webマスターコースで一から学べます。



「プログラミングスクールの正しい選び方」はこちら

HTMLでプログラミング学習する4つの方法

さて、HTMLとは何かについてお話しましたが、いずれにしても学習が必要です。
プログラミング未経験者で何からすればいいか分からない、という方はまずこの章を読んでください。

おそらく多くの人は参考章を集めて勉強をするかと思いますが、独学のプログラミング挫折率は約9割。

最初の段階で失敗しないように、参考書以外での学習方法も手段として知っておきましょう。

方法1.無料オンラインサービスを使う

プログラミングの基礎の基礎を極めるなら、まずは無料のオンライン学習サービスを使ってみましょう。

おすすめは以下の2つ。

はじめから分厚い参考書を買って学ぼうとすると高確率で挫折します。
この無料サービスであれば、実際に手を動かしながら理解できるのでおすすめ。

具体的には、オンライン上で実際にプロダクトをつくり、書いたコードをブラウザ上で確認できます。
特にprogateの「レベル機能」は、スキルがつけば徐々に上がっていくためモチベーションが保ちやすいがメリット。

方法2.IT勉強会に参加する

周りにプログラミング仲間がいない、という場合は勉強会に参加してみるのも一つの手です。
同じプログラマーやエンジニアが集まるので学習しやすい環境になっています。

主な勉強会は以下の3つ。

  • 現役エンジニアが運営、仲間を作るなら「connpass
  • 初心者も参加しやすい「TECH PLAY
  • 無料イベント多数、全国で開催「ATND
  • ただし、あくまで勉強会で”学ぶ”というよりは”自習しに行く”というのが正しいかもしれません。
    自分のペースで作業していきます。

    とはいえ、分からないことがあったら仲間を作って聞いたりできるので一度参加してみては。

    方法3.一人頼れるメンターを見つける

    そもそもの学習方法がわからなかったらスキルシェアサービスMENTA(メンタ)がおすすめ。

    個人のメンタ(講師)に依頼してプログラミングを教えてもらうサービスです。
    プログラミングスキルだけでなく、どうしたら稼げるのか、副業はできるのかなども相談可能。

    独学するより効率的かと思います。

    方法4.プログラミングスクールを利用する

    挫折をせずに”本気で”取り組むならプログラミングスクールも検討しておきましょう。
    先ほどのスキルシェアサービスMENTAと違うのは「用意されたカリキュラムに沿って現役のプロエンジニアとマンツーマンレッスンできる」点。

    スクールなのでやや費用はかかりますが、1~2ヶ月しっかり学べばすぐに副業で回収できるので最終的にはエンジニアになる最も近道な方法だと思います。

    なお、前述したようにスクールは「CodeCamp」がおすすめ。

    初心者向けのコースも用意されているので挫折しづらいのが特徴です。
    また、サイト制作をしたい場合は「WordPressコース」、Rubyの言語を学ぶなら「Rubyマスターコース」など目的に合わせてコースがありますよ。

    CodeCampのメリットは以下の5つ。

    1. オンライン完結型のマンツーマンレッスン
    2. メンターは通過率17%の選考から採用された現役エンジニアのみを厳選
    3. 受講者数が累計20,000人以上でNO.1の実績がある
    4. 料金が他のスクールよりも安い
    5. 初心者向けのコースが用意されている

    300社以上の東証一部上場企業で「CodeCamp」のプログラミング研修が利用されているなど、実績や評価は間違いないです。

    実際に私はここを利用しましたが、サポートが整っていて初心者でも学びやすいカリキュラム内容でした。
    また、最後に実習課題があり、そのためのモチベーションが続くのもメリット。

    まずは無料体験してみてからレッスンを受けることをおすすめします。
    【追記情報】無料体験レッスンで10,000円OFFクーポンプレゼント!


    まとめ

    いかがでしたか?
    今回は「HTMLとは何か」をテーマにして解説しました。

    おそらくこのブログを読んでいる方は未経験の方が多いかと思うので、まずは一度手を動かしてコードに触ってみることをおすすめします。

    また、エンジニアを目指すならHTMLをCSSと並行して学びながら、その後一つ言語を身につけるのが一般的です。

    最初で手こずってしまうと挫折のリスクがあるので、プロの手に任せるのも一つの手段ですよ!
    ぜひHTMLを使ってプログラミングの楽しさを実感してみてください。

    プログラミングスクールを利用するなら
    初心者向けオンライン完結型スクール「CodeCamp」
    ✔︎初心者向け ✔︎レッスン費が安い ✔︎オンライン学習 ✔︎実績NO.1
    短期集中型スクール「TechAcademy」
    ✔︎オンライン完結型 ✔︎担当メンター有り ✔︎短期集中可能 ✔︎コースの種類が豊富
    直接対面の通学型「TECH::CAMP」
    ✔︎通学型も可能 ✔︎月額制でコース受け放題 ✔︎カリキュラムの質が良い

    スクールの詳細はこちら