どうもこんにちは、サワです。
いきなりですが、エンジニアやプログラマーで年収1000万円を稼ぎたいと思っていませんか。

結論から言うと本職一本で1000万円以上を稼ぐのは現実的に難しいです。

スキルが原因というよりは日本のエンジニアに対する給与がもともと低いのが大きい理由です。

ただ不可能というわけではありません。
今の環境を変える努力すれば数年で1000万円も夢ではないでしょう。

当ブログでは、現役エンジニアの私が年収1000万円を稼ぐ方法をいくつかお話します。
実際に私はフリーランスエンジニアとして月収100万円以上を稼いでいます。

まずは興味本位でもいいので一読してみてください。
もしかしたら現状を変えようと動くきっかけになるかもしれません。

プログラマーやエンジニアだけで年収1000万円以上は稼げない

経済産業省が発表したIT関連産業の給与等に関する実態調査結果によると、IT企業で働くプログラマー・エンジニアの平均年収は約592万円であることが分かりました。

年間600万円程度稼げるのは一般職でいえば比較的高めですが、今回のテーマである年収1000万円はほとんどのプログラマーが稼げないことになります。

これは、プロジェクトマネージャーやプロデューサーなどの管理系職種の方が、給与平均が高いという日本企業ならではの特徴が根付いているためです。

したがって、今の状態で年収1000万円を目指すなら、プログラミングの知識に加えてコミュニケーション力や交渉力を身につけ、プロジェクトマネージャーを目指すのが現実的。

ただ、社内でのスキルアップは時間がかかる上に誰しもが選ばれるわけではありません。
プログラマー・エンジニアをしつつ年収1000万円を稼ぐならこれからお話する3つのことも視野に入れておくと良いでしょう。

プログラマーやエンジニアが年収1000万円稼ぐ3つの方法

プログラミングをしながら年収1000万円を目指すなら今の環境を変えるのが近道。
ここでは年収1000万円以上を目指す3つの方法を取り上げます。

  1. フリーランスエンジニアで1000万円を目指す
  2. 副業して1000万円を目指す
  3. 海外で働くor外資系に転職

方法1.フリーランスエンジニアで1000万円を目指す

一つ目はフリーランスエンジニアとして独立する方法。
フリーランスエンジニアとは、会社に属さずに自分で案件や仕事を取り、直接サービス提供するエンジニアのことです。

メリットは以下の3つ。

  • 時間や場所に縛られずに働ける
  • 年収1000万円以上稼ぐ人が多い
  • 案件を自由に選べる
  • 縛られず自由に働け、さらに会社員時代よりも稼ぎやすいというのが最大のメリットです。
    一方でデメリットをあげるなら安定した収入を得るかどうかは自分次第という部分でしょうか。

    おかげさまで私もフリーランスエンジニアとして独立し、現在月収100万円以上稼いでいます。
    個人的な意見としては、フリーランスで一番大事なのは営業力やコミュニケーション能力です。

    プログラミングスキルがあるからといってお金が稼げるわけでもなく、営業力や人脈を駆使して案件を取ることができれば1000万円は稼げるかと思います。

    ▶︎ 「フリーランスエンジニア向けおすすめプログラミングスクール詳細

    方法2.副業して1000万円を目指す

    会社員だけで1000万円稼げなくても、副業することで可能にすることはできます。(副業が禁止されている場合は難しいですが)

    具体的な方法はいろいろありますが、一例をあげるとクラウドソーシングを使って案件を取る方法。
    これはフリーランスにも通じるやり方ですね。

    1つの案件でだいたい5万~10万円程度稼げるので、沢山こなしていけば月に50~60万円を稼ぐことも可能です。

    例えば以下のような案件。

    クラウドソーシングの一つであるCrowdWorksでの案件です。
    内容は「WordPressを使用したホームページ制作」というもの。報酬は10万~30万と高額ですね。

    つまりホームページを作るスキルさえあるだけでもこのように稼ぐことができます。

    プログラミングスキルを活かせる副業はたくさんあるので、会社が禁止していなければ1000万円は十分に稼げます。

    ▶︎ 「副業するなら!おすすめプログラミングスクール詳細

    方法3.海外で働くor外資系に転職

    エンジニアの給与が高い海外で働くのも手段の一つ。
    経済産業省の「IT人材に関する各国比較調査」によれば、アメリカのIT人材の平均年収が1200万円近いデータ結果があります。(平成28年データ)

    つまり、IT先進国である米国と日本のIT人材の平均年収には2倍近くの差があるということです。
    このような結果から、働く場所を海外に移すだけで高給を目指せるということになります。

    詳しくはLevels.fyiでGoogleやAmazon,MicroSoftなど現地の給与が見れるので参考までに。

    同様に、海外に移住しないまでも外資系企業に転職する手もあります。


    ↑”ここ数年はGoogleを始めとする外資系が高給で引き抜いていくため、1000万円くらいまでは日系でも出すところが増えていきます。”

    スキルを持っており、今の会社でそれなりに評価されているのであれば外資系に転職して1000万円目指すのが妥当です。

    ただ、海外や外資系で働く場合は簡単なわけはなく、「英語力」と「実務経験」が求められます。
    したがって、まずは今の会社で実務経験を積んだのち、それなりの結果を出してから挑戦するのが現実的でしょう。

    プログラマーで1000万円目指すならスクールでの学習が必須

    さて、これまで年収1000万円以上稼ぐための方法をご紹介しましたが、それはスキルがしっかりあるのが前提です。

    高給を目指すための環境を変える前におすすめしたいのがエンジニア向けプログラミングスクール

    なぜスクールがいいかというと、プログラミングスクールに通ったという経歴があると就職しやすかったり仕事がもらえやすくなることが多いからです。
    実際に私も会社員時代にスクールに通いながら独立しました。

    最後に現役エンジニアの私が厳選した2つをご紹介します。

    ※「カリキュラム内容」「講師のレベルの高さ」「受講料の安さ」「知名度(メディア露出など)」「評判の良さ」の5点を判断基準にしています。

    結論から言うと以下の通り。いずれかを選んでおけば間違いないです。

    基礎固めOK!オンライン完結型なら「CodeCamp」

    ✔︎良質カリキュラム ✔︎レッスン費が安い ✔︎オンライン学習 ✔︎実績NO.1

    CodeCamp」は完全オンラインで挫折しづらいのが特徴。
    特に「Webサイトを作りたい」「デザインを学びたい」「アプリを作りたい」という目的がある方はおすすめです。

    CodeCampのメリットは以下の5つ。

    1. オンライン完結型のマンツーマンレッスン
    2. メンターは通過率17%の選考から採用された現役エンジニアのみを厳選
    3. 受講者数が累計20,000人以上でNO.1の実績がある
    4. 料金が他のスクールよりも安い
    5. 初心者向けのコースも用意されている

    300社以上の東証一部上場企業で「CodeCamp」のプログラミング研修が利用されているなど、実績や評価は間違いないです。

    実際に私はここを利用しましたが、サポートが整っていて初心者でも学びやすいカリキュラム内容でした。
    また、最後に実習課題があり、そのためのモチベーションが続くのもメリット。

    まずは無料体験してみてからレッスンを受けることをおすすめします。
    【追記情報】無料体験レッスンで10,000円OFFクーポンプレゼント!


    専属パーソナルメンターを付けるなら「TechAcademy」

    ✔︎オンライン完結型 ✔︎担当メンター有り ✔︎短期集中可能 ✔︎コースの種類が豊富

    TechAcademyは言語によってコースが細かく分かれているので、目的別に合わせやすいです。
    例えば初心者であればサイト制作をする「WordPressコース」、デザインが学べる「Webデザインコース」があります。

    TechAcademyのメリットは以下の5つ。

    1. コースの種類が多いので色々なジャンルを学べる
    2. 同じメンターが最後までサポートしてくれる
    3. チャット対応が早い
    4. 最短1ヶ月の短期間集中で学ぶことも可
    5. コースをセットで学ぶと安くなる

    CodeCampと同じく、現役エンジニアがメンターとして教えてくれます。
    メンターは週二回(1回30分)の「担当メンター」と、毎日15時~23時までオンラインで待機している「メンター」の2種類。

    CodeCampと違うのは、CodeCampはレッスンのたびに指名するため毎回メンターが変わりますが、「TechAcademy」では同じメンターが最初から最後までサポートしてくれる点。

    いわゆる専属のパーソナルメンターがいるので挫折しにくい仕組みになっています。


    まとめ

    エンジニアやプログラマーは他の一般職と比べても平均給与は高いです。
    しかしアメリカなどと比べるとどうしても日本のエンジニアは低めなのが現状。

    もしさらなる高給を目指すなら、今動くべきです。

    まずは副業してみて、本格的に実力がついてきたらフリーランスエンジニアを目指すのが無難かと思います。
    エンジニア不足で需要がある今こそ、フリーランスエンジニアとして独立するのはチャンスでしょう。

    私は実際に「CodeCamp」を利用した後、フリーランスエンジニアとして独立しました。
    おかげさまで月100万以上は稼げるようになってます。

    まずは無料体験してみてプロから話を聞いてみるのも一歩前進ですよ!

    この記事の結論
    初心者向けオンライン完結型スクール「CodeCamp」
    ✔︎初心者向け ✔︎レッスン費が安い ✔︎オンライン学習 ✔︎実績NO.1
    短期集中型スクール「TechAcademy」
    ✔︎オンライン完結型 ✔︎担当メンター有り ✔︎短期集中可能 ✔︎コースの種類が豊富
    直接対面の通学型「TECH::CAMP」
    ✔︎通学型も可能 ✔︎月額制でコース受け放題 ✔︎カリキュラムの質が良い
    エンジニアとして就職するなら「DMM WEBCAMP」
    ✔︎転職成功率98% ✔︎3ヶ月でエンジニアになれる ✔︎全額返金保証